カンボジア証券情報

カンボジア証券取引所での取引き回数が増えましたカンボジア証券情報一覧へ

カンボジアの縫製産業
カンボジア証券取引所(CSX)が3月11日より板寄せ回数が2回から6回になるとのアナウンスがありました (株の取引きについて参照) 。昨年4月18日に取引が開始してから久しぶりの動きで、投資家にとっては非常にメリットのあるルール変更です。今後、上場企業が増えるシグナルともいえるでしょう。

上場企業の動きといえばグランド・ツィンズ・インターナショナル社(Grand Twins International Cambodia Plc)TYファッション社(T&Y Fashion Ltd.)の台湾系のアパレル企業が夏までに上場するのではないかと噂されています。カンボジアを支えている縫製産業の多くは外資企業です、特に中国出資によって操業されている工場は非常に多く見かけますね。

ということで同じ台湾出資の証券会社、プノンペン証券が主幹事証券会社としてこの2社の上場準備を行っているという話も聞かれますが・・・・。

寄稿 M・M

カンボジアでの会社・法人設立について

カンボジアでの証券口座開設に興味のある方はこちら