カンボジア証券情報

プノンペン上水道公社が株主総会を開催カンボジア証券情報一覧へ

プノンペン上水道公社
現在カンボジア株式市場に唯一上場されているプノンペン上水道公社ですが、そのプノンペン上水道公社が2月20日初の株主総会を開きました。内容は日本でみられるような一般的な総会内容で2012年度の企業活動内容と財務諸表の報告などが行われ、配当金に対しても説明がありました。

現在までのプノンペン上水道公社の株価の動きについては、IPO価格は6,300リエル、取引初日4月18日は初値9,400リエルをつけその後急激な値上がりを見せ4月24日には10,300リエルで取引されました。その後は上場が1社のみということもあり取引量が低調に、ストップ安を繰り返しながら2013年2月20日で6,500リエル前後を推移しています。その総会で説明のあった初配当がどのような形で還元されるのか、投資家にとって注目される点です。

プノンペンポスト記事
http://www.phnompenhpost.com/2013022161528/Business/ppwsa-to-announce-its-first-dividend.html

寄稿 M・M

カンボジアでの会社・法人設立について

カンボジアでの証券口座開設に興味のある方はこちら