プノンペンポストより

プノンペン市内に新しいタクシー会社サービス開始(2017.3.21)プノンペンポストより一覧へ

プノンペン市民及びビジターによるエアコン付タクシー需要増大に答え、市内の新しいタクシー会社がサービス提供を開始しました。

Phnom Penh Automobile Co Ltdは25台のタクシーを所持し、昨日からサービスを始めています。様子を見ながら最低でも65台までは車両を増やす予定です。

同社のThai Seila社長は、他社と競争するのではなく、旅行者に質の高いサービスを適切なプライスで提供したいとコメントしました。

Phnom Penh Automobileを初乗り料金を4千リエル(一ドル)に設定し、その後走行距離によって運賃が加算されます。4月までは一キロ1300リエル、5月は1600リエル、6月は1800リエルとし、最高でも一キロ2000リエルとするそうです。

一方ドライバーは最初の6ヶ月間は10ドル/24時間で車両を借り、乗客からの支払いは全て彼らの給与となります。

同社はトヨタのハイブリッド車Priusを使用し、オペレーションコストを抑えようとしています。またメータタクシー会社として必要な法律は全て遵守しており、コンプライアンス的に何の問題もないとのことです。

 

市役所によると、現在市内には10のタクシー会社が存在するが、法による要求をすべて満たしている会社はわずかであるとコメントしました。公共省に登録され、市役所からライセンスを受取る必要があるのです。

 

市役所関係者は次のようにコメントしています。

「メータ制タクシーの台頭はよい傾向です。より良いサービスを低価格で提供できる様になるでしょう。」

 

 

元の記事はこちら(正確な情報は元の記事を必ずご確認ください)

http://www.phnompenhpost.com/business/another-taxi-firm-joins-capitals-crowded-ranks