プノンペンポストより

カンボジア米 ベスト米賞受賞(2014.11.21)プノンペンポストより一覧へ

カンボジア米は昨日、.2014年世界ベスト米に選ばれました。これで3年連続の受賞となります。

この発表はプノンペンで行われていた第6回世界米会議の最終日に行われたもので、カンボジアと同じくベスト米に選ばれたタイはそれぞれ、3回目の受賞となります。

今年は15か国が競い合い、カンボジアとタイは同点の53スコアを獲得、この2国がベスト米賞を受賞することとなりました。

The Rice TraderのJeremy Zwinger社長及び最高経営責任者はポスト紙に対し次のようにコメントしました。

「カンボジア米は本当に素晴らしいです。ジャスミン米は2011年、2012年、2013年の世界のベストテスト米です。3年連続で世界ベスト米を受賞していることは本当に誇らしいことで、将来に多くの可能性を秘めているといえるでしょう。」

賞を獲得したのはカンボジアのジャスミン米Romdoul Riceです。

Cambodia Rice Federation (CRF)(カンボジア米連盟)のSok Puthyvuth代表は今回の受賞を受け、3年連続の受賞は確実にカンボジア米輸出を促進させるであろうとコメントしました。

「カンボジア米にとって誇らしいことです。これから先カンボジア米がもっと広く知られることを期待します。当面は世界市場に安定した供給が出来るようになるよう努力したいと思います。米生産者もさらに意識が高まることでしょう。品質基準強化に努力していきたいです。」

Thai Rice Exporters Association(タイ米輸出協会)のChookiat Ophaswongse氏は、ここ5年間のカンボジア米の急速な改良に驚きを示しています。

「正直カンボジアのジャスミン米は、品質がタイのものより優れています。将来的には協力して双方に有利となる手段を考えていきたいです。」

Golden Rice CambodiaのSok David副社長は、高品質と低価格の米を提供できるのはカンボジアであり、ここ数年のうちに量も増加させ、100万トンという目標を達成したいとコメントしました。

 

元の記事はこちら(正確な情報は元の記事を必ずご確認ください)

http://www.phnompenhpost.com/business/cambodia-three-time-champ