プノンペンポストより

カンボジアCSX 取引アプリ開発中(2017.2.22)プノンペンポストより一覧へ

Cambodia Securities Exchange (CSX)カンボジア証券取引所は、Korea International Cooperation Agency韓国国際協力団から技術的支援を受け、スマートフォンなどから遠隔で取引を可能とするアプリの開発を行っていると発表しました。

 

年内のオペレーション開始を計画していますが、まだ具体的な日にちは公表されていません。

このオンラインサービスにより、トレーダはパソコンなどを通じてリアルタイムで市場の動きを観察することが出来るようになります。多くのカンボジア人はスマートフォンを所有しており、それを活用してトレーダからのアクセスがしやすい環境を作ることが目的です。

 

またスマートフォン用アプリは、新しい投資家、将来的に可能性のある投資家にも学習的ツールとなることが期待されています。

CSXは2011年より取引を行っており、プノンペン水道公社、Grand Twin International、プノンペン自治港、プノンペン経済特区の4社が現在上場しています。

 

元の記事はこちら(正確な情報は元の記事を必ずご確認ください)

http://www.phnompenhpost.com/business/csx-developing-app-securities-trading