カンボジアでの求人・求職情報

カンボジアでの求人

カンボジアでの求人・求職情報
高騰する中国の人件費に対する次の進出先として注目されるカンボジアですが、経済特区整備への海外投資などもすすみ、今後メコンデルタエリアの中核として大きな発展が見込まれる市場も魅力とされています。今後増加するであろう日系企業の進出に伴って日本語を理解するカンボジア人、また現地の事情を理解しクメール語を解する日本人などの需要は高まってくると予想されます。ただし外国企業の参入が多くなりカンボジアでのビジネスにおいて、英語での会話・実務が要求される場面が非常に多いため基本的な英語の理解力は就職の際有利な条件となります。

カンボジアの最新求人情報はこちら

現地スタッフの採用

海外への進出で成功を収める要素に、現地スタッフをいかに適切かつ効率よく配置するかがあります。30歳以下の若年層が半数を占める構成を見せる人口構成をもつカンボジアでは育成を考えて採用することが重要です。彼らの中には非常にビジネススキルが高い上英語(または中国語)を話す人材も多数います。そのため日本企業が現地で組織運営を行う場合、最初のコミュニケーション手段はおそらく英語になるでしょう。しかし細かいニュアンスの違いによるトラブルを避けるためにも、雇用する側も現地の慣習・言語を理解する努力を見せる必要があります。

雇用規約

雇用または労働に関してはカンボジア憲法と労働法によって定められています。カンボジア人の積極的な雇用を奨励されてはいますが、会社設立後のカンボジア人の雇用人数に関する規定は現在ありません。

雇用契約

正規契約社員の研修期間は3ヵ月を超えてはならないと定められておりますが、その間の給与は両者の話し合いが必要です(最低56ドル/月との規約がありますが)。また契約期間は2年で都度更新。解約には雇用期間に応じて決められた日数に基づき事前通知を行う必要があります。解約の場合には退職手当または解雇手当などの支払いが発生します。

労働時間

男女とも基本労働時間は1日8時間(1週間に48時間を超えることが出来ません)。残業は1日2時間を超えないようにとの制限があります。

休日と有給休暇

最低週休1日は守らなくてなりません、日曜・祝日は基本休日。祝日は日本人にはなじみの薄い旧暦に因んで決められていますので注意が必要です。有給休暇は1年間の勤務後に与えられ、年間18日となっています。

労働時間

男女とも基本労働時間は1日8時間(1週間に48時間を超えることが出来ません)。残業は1日2時間を超えないようにとの制限があります。

休日と有給休暇

最低週休1日は守らなくてなりません、日曜・祝日は基本休日。祝日は日本人にはなじみの薄い旧暦に因んで決められていますので注意が必要です。有給休暇は1年間の勤務後に与えられ、年間18日となっています。

賃金

現在最低賃金は61ドル/月との規約がありますが、面接契約時に担当業務とそのスキルに応じて取り決める必要があります。残業代については50%の超過手当、また夜間・休日勤務についても特別な手当をつける必要があります。

福利厚生

雇用者と従業員、労働者に加入が義務付けられています、必ず守るようにしてください。

税務局への申告

日本と同様、源泉徴収を行い月次申告に内容を記載します。


カンボジアの最新求人情報