カンボジアでの証券口座開設Q&A

証券口座を開設する際にいただいた、お客様からの質問のご紹介

カンボジアでの証券口座開設をサポート
現地の証券会社で口座を開設メリットは何でしょうか?
カンボジアでの証券口座開設をサポート
日本の証券会社に依頼し株購入を行う場合、将来カンボジアのある上場企業が有償増資を行うことがあっても、事前に日本の金融庁への届け出がないと株主であっても応募できないということがあります。その点、現地証券会社を利用して株式を購入していた場合には制約などはありません。またIPO募集が行われた場合、現地証券会社を利用して事前に口座を開設しアカウントを保持しておくことで、ブックビルディングへの参加なども可能となります。
カンボジアでの証券口座開設をサポート
カンボジアでいくつも証券口座をもつことは可能ですか?
カンボジアでの証券口座開設をサポート
基本、証券会社で持てる個人口座は一つです。ただし複数の証券会社で口座開設することで複数のアカウントを保持することは可能です。
カンボジアでの証券口座開設をサポート
IPO募集があった場合、その新規公開株は取得できますか?
カンボジアでの証券口座開設をサポート
過去の例を見ると、カンボジア株式市場では株価決定にあたってブックビルディングを採用しており、その後一般募集を行うという2段階が流れになっています。新規公開株を購入するためには指定する期間内でブックビルディングへの参加、または一般募集への申し込みを行わなくてはなりませんが、そのためには事前に投資家ID(3年ごとの更新)取得とカンボジアの証券会社に口座を開設しておく必要があります。
カンボジアでの証券口座開設をサポート
IPO募集の際、証券会社での割り当て差はありますか?
カンボジアでの証券口座開設をサポート
ありません。
カンボジアでの証券口座開設をサポート
プノンペン証券会社はカンボジアの現地企業ですか?
カンボジアでの証券口座開設をサポート
台湾資本とカンボジア資本により2010年10月設立したカンボジア企業です。カンボジア国家証券委員会からディーリング業務・ブローカレッジ業務・アンダーライター業務・セーリング業務などの免許を正式交付されており、いわゆる総合証券というカンボジアでは大手の位置付けになっています。今後プノンペン証券会社が株式上場を試みる企業の主幹事指名されるなどの可能性もあるかと思いますので、以上からカンボジア株に興味をもたれ購入を考えていらっしゃる方にとって、プノンペン証券を含めた大手証券会社での口座開設のメリットは非常に大きいと言えます。
カンボジアでの証券口座開設をサポート
プノンペン証券で口座開設した際、口座維持費や最低入金への規定はありますか?
カンボジアでの証券口座開設をサポート
基本ありません。口座の維持費はかからず、開設だけで入金0で手続きを行ったお客様もおられます。ただし株式を購入する際には口座にまず入金しておく必要があります。
カンボジアでの証券口座開設をサポート
投資家番号と口座開設にどのくらい時間がかかりますか?
カンボジアでの証券口座開設をサポート
プノンペン証券会社の例でいいますと、すべての書類が整ってから担当者へ郵送してから、その後通常で1ヶ月で取得、開設可能です。
カンボジアでの証券口座開設をサポート
株式の売買はどのようになっていますか?
カンボジアでの証券口座開設をサポート
メール、FAXでの指示もしくは、オンラインでの取引になっています。
カンボジアでの証券口座開設をサポート
口座に入金された資金を回収したい場合はどうしらいいんですか?
カンボジアでの証券口座開設をサポート
担当者へメール、または電話連絡を行った後、フォーマットシートが郵送されてきますので記入後、プノンペン証券へ郵送。その後カンボジア証券取引委員会(SECC)が資金の決済銀行であるカナディア銀行口座を経由させ、お客様指定の口座への入金がされます。
カンボジアでの証券口座開設をサポート
プノンペン証券口座へ入金したお金は現地でリエルまたはアメリカドルで引き出せますか?
カンボジアでの証券口座開設をサポート
プノンペン証券窓口にて申請、手続きを行いますと可能です。指定の口座への入金は20分ほどで送金可能とのことです。現金での引き出しが希望な場合、窓口で小切手発行の手続きを行い、その後カナディア銀行にて換金という流れになります。

カンボジアでの証券口座開設に興味のある方はこちら