プノンペンポストより

カンボジア観光地入場料値上げ(2017.1.31)プノンペンポストより一覧へ

アンコールワット入場チケット料金が水曜日から値上げする予定です。これによるカンボジアへの外国人観光客数に影響はないであろうと予測されています。

外国からの観光客は、水曜日からアンコール古代遺跡公園への一日入場料として37ドルを支払うことになります。3日パスは62ドル、1週間パスは72ドルです。

入場料の値上げは昨年8月から国内の有名な観光地で順次実行されていますが、1月1日にはプノンペンの王宮入場料が10ドルに値上がりしています。これに続き、国立美術館やTuol Sleng虐殺博物館も入場料を5ドルとしました。

Cambodia Tourism Federation (CTF)カンボジア観光連盟のCarrol Sahaidak-Beaver女史は次のようにコメントしました。

「このプライスの上昇が観光客数にマイナスの影響を与えるとは考えていません。入場料は25年間変わらなかったのですから。浸透するまでに多少の時間はかかると思いますが、カンボジアの観光力にネガティブに作用するとは思いません。隣国や国際的に見ても妥当な料金を考えます。」

 

昨年は観光客数が増加したにもかかわらず、先週発表された観光局による昨年の観光全体歳入は、減少しました。

Cambodia’s National Tourism Allianceカンボジア国家観光同盟のHo Vandy氏は、空の便の接続が良くなったことが、カンボジアでの滞在期間を短くし、結果収入減を引き起こしているのではないかと考えています。

またFirst Travel CambodiaのTui Rutten社長は、違う観点から観察しています。

「大金を所持して観光するのではなく、予算を切り詰める旅行者が増えたことが全体としての観光収入減につながっていると思います。欧州の経済状態があまり良くなく、ヨーロッパ、カナダ、アメリカからの観光客より、安いパッケージでカンボジアを訪れる中国人観光客が増えているのです。」

 

 

 

元の記事はこちら(正確な情報は元の記事を必ずご確認ください)

http://www.phnompenhpost.com/business/steeper-entry-angkor-temples